薬膳カリー(薬膳カレー) ベースキャンプ 減塩カレー・低カロリー・美味しく食べて元気になる。それがベースキャンプの薬膳カリー(薬膳カレー)です。

お店でのイベント案内
店長ブログ
栄養士・薬剤師からの健康のすすめ 薬膳カレーのレシピも紹介
薬膳カリー(薬膳カレー)ベースキャンプでのイベント
お客様の声
薬膳カリー(薬膳カレー)がメディアに紹介されました
メールマガジン
TOP > ベースキャンプでのイベント

薬膳カリー(薬膳カレー)ベースキャンプでのイベント


第16回『心を癒す蓄音機コンサート』終了!

第16回『心をいやす蓄音機コンサート』5月25(水)終了 しました

30名の参加者中、2名以外すべて女性。ショパンの恋というタイトルのせいか、若い方から熟年まで熱心に聴いて頂き、ありがとうございました。

3人の女性を通して、ショパンが悩みながら、あるいは、愛の喜びに震えながら数々の“夜想曲”を書き上げています。

植木さんの解説があってはじめて、時代背景やショパンがポーランド人であったという事実が作品に与えた影響を感じることが出来、ショパンを大変理解できたような気がします。

また、パデレプスキーやパハマンの名演奏も臨場感があり、電気を使わない蓄音機の音に魅了されました。

今回のような、クラッシックの鑑賞も、とても良かったとの感想でした。

また、新たな企画でお会いしましょう。どうもありがとうございました。

初めてのベルギービールセミナー

Beer Seminer 4月29日(祝)
ベースキャンプも今年は30周年を迎える節目の年となりました。 このタイミングにビールメーカーから、セミナー協賛のお話。


テーマは『トラピストビールを味わい尽くす!』

正真正銘の『トラピストビール』6ヶ所全てのビールを試飲しました。こんな機会は、二度とないかも!?

ベルギーのトラピストビールをすべて☆学び、味わい尽くす!

シメイのオープナー付きキーホルダーやプレミアもののオルヴァルの栓抜き、各々のコースターなどの素敵なプレゼントありました。

参加してくださった皆さん、ご協力いただいた小西酒造さん、三井食品さん、本当にありがとうございました。


アンケートの集計の結果

1位 ロシュフォール10
2位 シメイ ブルー
3位 オルバル、シメイレッド、シメイホワイト


でした。

初めて味わう『トラピストビール』は、長い歴史と強い個性をもち、『量よりも質』をモットーに作られた豊かなベルギーの文化を感じさせました。修道院の精神から、売り上げのほとんどは慈善事業に使われると聞きさらに感動。私たちがトラピストビールを飲むと、どこかで誰かが幸せに・・・・。


これからも、皆さんのご要望をお聞きして、福岡でのベルギービールファンをますます増やしていきたいと思います。 ベルギービール万歳!




なお、4月22日(木)から開催のベルギービール樽生フェア『シメイ ホワイト樽生』

は今回はたっぷり40リットルが、お陰さまで完売しました。
ベルギービールといえば、シメイを知らない人はいない!人気の修道院ビール。正真正銘のトラピストビールです。楽しんでいただけたでしょうか?
セミナー.JPGほろ酔い2.JPG
続きを読む>>

『ブーカニア樽生』完売!しました

おかげさまで、ベルギービール『ブーカニア樽生』終了しました。



期間中、雨にもかかわらず、ベースキャンプに足をお運びいただきまして、ありがとうございました。


美味しかったですね。ベルギービールは個性的なビールが多いですが、今回の『ブーカニア樽生』は、初日はおとなしく、スムースな味わい。


2日目、3日目と苦味やスパイシーさが徐々に鋭くなる…。 つい、飲み過ぎて・・・・・


ちょっと酔い方が違う!?ビールに悪さをされる!?そんな油断できないビールだった気がします。


さすが、トレードマークの『海賊』は伊達じゃない!!是非、また試してみたいビールです。


生ジャズでも盛り上がり、お客さんのアンコールでエンドレス・・・・


みなさん、楽しんでいただけたでしょうか?次回は桜の頃に。




ブーカニア美人

ベルギービール樽生“クリスマス特別フェア”終了!

ベルギービール樽生“クリスマス特別フェア”無事終了しました。

12月22日(火)から始まった樽生フェア。

今回は初めて、2種類の樽生を一週間にわたってご提供!

第一弾は

『シメイ ホワイト樽生』クリスマスにちなんで修道院ビールをお楽しみいただきました。

また、メーカーの協賛で、シメイの素敵なグッズが当たるキャンペーンも実施。

シャツやキャップを見事当てた幸運なお客様もあれば、4杯飲んでもステッカーしか当たらない方も・・・。みんな大いに楽しんで頂きました。


シメイの後は『デリリウム ノクトルム樽生』を抜栓。九州初登場のビールは、大人気『デリ』と同じヒューグ醸造所で作られたダークエール。
程よい苦味と香ばしい黒ビールのようなこくが特徴。




同時開催『ジャズの生演奏』も大変盛り上がりました。22日(火)九大ジャズ研“職人バンド”23日(水)社会人バンドが熱演! ベルギービールとJAZZで聖夜はふけていきました。

ご参加いただいたお客様と関係者の皆さん、ありがとうございました!!


第15回蓄音機コンサート終了

半年ぶりのコンサートで、しかも初めて日曜日の開催でした。参加第二番の申し込みが少なくて最初は心配でしたが、蓋を開けると26名の熱心な皆さんがお集まりいただき、熱気のあるコンサートになりました。

九大フィルハーモニーが誕生して100周年にあたり、創設者 榊教授の興味深いエピソードを挟んで、関係が深かった音楽家の演奏を紹介していただきました。  

ヨアヒムのヴァイオリンで『ハンガリー舞曲』や100年前の録音でニキッシュ指揮、ベルリンフィルのベートーヴェン『交響曲第5番 運命』に感激!

また、ルイ・アームストロングの『a kiss to build adream on』では、あのだみ声をまるで目の前で聞いているかのようでした。

そして、アンコールのパデレフスキーの『ラ・カンパネラ』! 演奏会の最後を惜しむような皆さんの拍手喝采で幕を閉じました。

相変わらず、植木さんの解説は詳細でわかりやすく、温かな人間性が伝わるお話しぶりに、心安らぐひと時をすごさせていただきました。

植木さんご夫妻は勿論、ご参加いただいた皆様に感謝しています。

これからも、何回できるかわかりませんが、こんな時間が必要な時代ではないかとも思います。また、次回お会いできることを楽しみにしています。15回蓄音機コンサート1s.JPG15回植木さんと蓄音機.JPG

ベルギービール『デリリウム樽生』終了しました!

ベルギービール『デリリウム樽生』フェアは大盛況のうちに終了しました!

皆様楽しんでいただけましたでしょうか?

やっぱりデリリウムはうまい!!

今回は、瞬く間に、たった2日間で、30Lがほとんど、“空”に!!

初日のフルーティーでスムースなのも良いけど、2日目のコクの増したデリの美味しさもまた良い!

一杯ではすまないベルギービールでした。酔い心地がまた、良い!『ビールで酔うなんて!?』の声もしきり。

飲めなかった人も飲めた人も、次回は12月『デリリウム ノクトルム』 にご期待ください!福岡初デビューです。

修道院ビール『シメイ ホワイト』終了

ベルギービール『シメイ ホワイト』は予想以上の人気で、6日初日から生樽が殆んど“空”になる始末。正直、驚きました!!

せっかく楽しみにしてくださった2日目からのお客様に申し訳なくて・・・。

出来るだけ多くの方と、美味しいベルギービールの生を飲みたい。感動を共感したい。残っても良いじゃないか!

というわけで、ベルギービールフェアでは、初めてもう一樽追加しました。

感動の修道院ビールでした。今回は初めての方も多かったようで、ベルギービールの美味しさを“生”でお伝えできることをうれしく思います。

それほど、ベルギービールを愛してやまない店主です。

次回は10月末で、 『デリリウム』を企画中です。お楽しみに!!

ベルギービール『ブリガンド樽生』完売しました!

ありがとうございました!

ベルギービール『ブリガンド樽生』は、お陰さまで、好評のうちに完売しました。楽しく美味しく終了。

トリプルストロングエールが、初日は香りとさらりとした喉越しで始まり、2日目、3日目はさらにしっかりとした味わいに変化。

連日ご来店のお客様も増え、樽生ならではの贅沢な楽しみ方も浸透し始めました。初日と3日目ではまるで違う表情を見せるのが樽生ならでは・・・。


また、いつか、ご一緒にベルギービールの生を飲みましょう。
たくさんのご参加、ありがとうございました。

第14回蓄音機コンサート 終了!

大勢のご参加、ありがとうございました。

植木さん、お疲れさまでした。いつまでもお若いのは、やりたい事が沢山あって歳をとる暇なし。なんでしょう。

今回も、惜しげもなく秘蔵の“エジソン針”で名曲モーツアルトの『魔笛』序曲を聴かせていただきました。


電気なしの蓄音機とは信じられない、ものすごい臨場感でした。

針って、偉大なんですね。


また、オペラも楽しく解説していただき、名盤に酔いしれました。

初めての方も多く、最後は植木さんと蓄音機を囲んでお話が弾んでいたようです。また、次回をお楽しみに!

『豊川剛二&轟かおりラストJAZZコンサート』

『豊川剛二&轟かおりラストJAZZコンサート』の感動

8年前、ベースキャンプで、九大ジャズ研の生JAZZ演奏を始めた、伝説の男『豊川剛二』

今回を最後にしばらく福岡を離れることになり、プロのジャズボーカリスト『轟かおり』さんとのラストライブ。

5年ぶりとはとても思えない、息のあった『轟かおり&豊川剛のデュオ』でした。

集まってくださった皆さん、ありがとう!

社会人で趣味の域を越える力量は、彼の精進のたまもの。凄い人です。
今後の活躍を楽しみにしています。

この日、本当に偶然、去年まで轟さんの伴奏をしていた、F君がひょっこり現れ、また、昔、一緒にジャズをやったメンバーや音楽の大先輩がかけつけて、とても熱い夜に沸きました。

そして・・・轟さんは素敵な若者を二人も育てて送り出したんですね。

楽しい時間をありがとう。また、いつか会いましょう。ラストライブ


↑このページの一番上へ